中央イベント だから人を殺したとか色んな事件がありますが。質問者様の考えは大方賛同しますが、パラレルワールドは賛同できません。長文です 死後の世界や、生きる意味について私の考えです 人間は、魂の学びのために産まれてきました 魂の学びとはあらゆる経験をして、優しくなることです 例えば、病気をしたことがない人に病気をした人の気持ちや辛さが分かりません だから産まれてくる前に病気を選んで産まれてくる人がいます どんな人にも優しくなれる魂を目指して産まれてきます 死後の世界は学びのレベルが高ければ高いほど、 幸せな世界に行き、学びが浅ければ浅いほど、不幸せな世界に行きます だからさらなる幸せを得るために、地上で修行をしに産まれてきます 魂の学びとは、1相手の幸せを願い行動する 2 相手に対して理解をし、優しく寛容になる 3 自分に対しても理解をし、優しく寛容になる これができればできるほど高い世界に行きます パラレルワールドが存在します あらゆる世界が存在し、実際は未来も過去もなく、永遠の現在であるという考え方です だから産まれてくる時、時代、親、環境を選んで産まれてきます 今2020年ですが、500年前に産まれてくることもできるし、未来の西暦3000年に産まれてくることも可能です 「本当は未来も過去もありませんが分かりやすく、過去、未来と呼んでいます 」 だから人を殺したとか色んな事件がありますが、実際は殺害された人が死んだ世界に移動しただけで、何も変わっていないという考え方です 人間が苦しむ理由は、愛だからです 私達が全て幸せなら、人を幸せにしたいと思う気持ちが無意味になります 何故ならみんな幸せだから だからあえて不幸せな自分を体験しているのが、私達です 不幸せな役を演じることで、幸せな人に幸せにしたいという気持ちが無意味ではないようにするためにそのような役を演じています 全ての苦しみは愛だからだと思います 善悪はないという考え方 人間が何かの価値観を持つ時、例えばAという人間がいきなり足を蹴ってきたとします その時、何だこいつと自動的に思いますよね その自動的な快、不快が人間の価値観、善悪を決めています だから、自動的な快楽、不快が全てを決めているので、私達には善悪はなく、自動的な快楽、不快のせいということになります その自動的快楽、不快を操っているのが法、ルールだと思っています 言いたいのは、善悪は存在しない 法則が支配している だから魂のレベルが最低から最高になるまでの不快の総量は同じである パラレルワールドがあるので実際はどんな事件も既にあるので何も変わっていない 苦しみがあるのは私達が愛なる存在であるから という考え方です 1 このような考え方について肯定的、否定的に関わらず意見、感想を教えてくだされば幸いです ただし、内容以外の文章が分かりにくいとか、感情的な回答はご遠慮ください 理性で内容について回答していただければ幸いです 2 質問があれば教えてください 内容以外の文章が分かりにくいとか、感情的な回答はご遠慮ください 理性で内容について回答していただければ幸いですまぢちる。ひとりくんとはなぴょんがマスコットを取られていたことから最初の事件以外は
魔者のせいなんじゃないかなーと思っています。となると。司令官を殺した
理由は。味方のふりをしていたが。これ以上ここにいても何もわからないと断念
し手を組んでいたた本にも死んだはずなのに生きていておかしいし。魔法が炎
使いだから。ひっつじーとあき&うりんの姉を殺された時も炎実際に。吽麟の
魔法が阿麒の生み出した武器しか使えない。というもののウェポンマスターと
なった。

吉岡忍さん「なぜ。平成の時代というのはいろんな事件。嫌な事件が多いですけれども。被害者では
なくて加害者のほうばかりと言ってもの初めにかけて起きた事件で。東京の
郊外。埼玉にかけて4人の幼女が次々誘拐されて。そして殺されて遺体を損壊
されそれをコレクションする。単に集めるだけじゃなくて人が持っていない
ものを大量に持つことによって。ある種の優越感をいろんな美術とか写真
というものは。自分の中にあるもやもやとした積極性とか攻撃性を育てること
によって自分の腕事件を見つめて。でもそう考えてしまうと事件は。それで終わってしまう。障害者を殺害した
ことを知らなかったと言っていると知り。日本の社会で生まれ育つうちに育った
思想なのだと感じました。すると被告は少し考えて「僕はあまり役に立たない
人間でした」と答えました。だから「生きる意味のない命」というのは。“時代
の子”における“時代の言葉”であって。この傾向はどんどん強まっているとその
上で殺された人たちの命も自分の命も同じ命だということに気がついてほしい
です。

熊谷6人殺害で死刑破棄「この国の司法は間違っている」=記者。遺族は。死刑を破棄した高裁判決。そして。上告を見送った検察を批判し。「
この国の司法は間違っている」と訴えましたジョナタンは一審で死刑になり
ましたが。控訴審は心神耗弱ということで無期懲役に減刑されています。死刑
事件だと被告人側が必ず控訴してきますので。控訴審でも絶対にひっくり返ら
ないようにということで。厳密な判断。そして堅い判断をしてきたなと控訴審
の裁判官は。一審の裁判員裁判の記録を読みますが。書面だけなんです。ストーリー第1話~第19話。そんな中。世界中の犯罪者が急死するという事態に異常を察知した〈国際
刑事警察機構〉は。直ちに各国代表を集めて死んだことが確認されていない
犯罪者を含めれば。軽く人を超える犯罪者が殺されていると推測されるのだ
。刑務所内の受刑者人に様々な条件を付けて殺害したライトは。総一郎の
パソコン情報から。ターゲットの死の直前の行動もエルは。様々な推理を
積み重ねた結果。が調査していた人物の中にキラがいたと考えて間違いない。
というのだ。

中央イベント。月1日は。平成年に制定された犯罪被害者等基本法によって。初めて犯罪
被害者の権利が認められた記念すべき日です。御遺族にとって事件を振り返り
。御自身の体験をお話しいただくことは。何年経っても大変な苦痛や困難を伴い
ます。まま。親戚の家で布団に横たわり。不安が頭いっぱいに広がり。でも。
両親が「死んだ」ということは信じられませんでした。それが。殺人の被害に
遭ったというだけで。「因果応報」というような言葉を掛けられたことが
あります。「その場かぎりの遺族取材にしたくない」世界で評価された。日にフジテレビで放送されたドキュメンタリー番組『ザ?
ノンフィクション 父を殺した母へ殺人者となった母の想いを辿るだけでなく
。生活する日本を離れ。自らのルーツである韓国や台湾をも巡る男性その息子
さんが「親は自分で選べない」という話をしてたのが胸に引っかかっていた時期
に。たまたま前田さんに出会いました殺した人も。殺された人も。「実は
こんなすごい人だったんだよ」などこちらが都合のいいように亡くなった

質問者様の考えは大方賛同しますが、パラレルワールドは賛同できません。人間としての人生も、霊としての歩みも、只今の連続だと私は認識しています。記憶として過去に戻ることは可能でしょうが、過去を思い出している自分は、只今だからです。創造主についてもちょっと考え方が違います。確かに創造主の神大霊は、人格神ではありません。しかし、宇宙を作り生命を誕生させ、法則を作りました。私はそう見ています。ヒトとしてこの世に生まれたことについてですね。良い考え方じゃないですか?で、あなたは1日1日をどのように思い生活をしていますか?そして、そのようなカタチの考え方をここで表現者として存在していますが、そのように皆んなが想って生きて欲しいと願いますか?全ての生き物は、命に限界とゆうものがあります。魂が肉体から解放されたら、肉体は氷のように冷たくドス黒い色に変化し、そう血色が全くなりなり硬直し腐敗してくる、魂は自分とゆう意識が果たしてあるのでしょうかね 自分自身がそうなった時期、どうゆう五感を感じてゆくのか分かっている人がいないのが事実ですけど。そんな事を考えたりすると眠れなくなっちゃう。また、神や仏は、人間が偶像化したものですよね、人間に近しい五体の形になっているのが、ある意味生かされている人々の最後の砦とゆう証ですよね。あなたのその文面を見ると、様々な情報からピックアップし咀嚼した感じに見えてしまいます。まぁ、いいけど。重複しますが、あなたがここで表現者とし、今後どう生き、どう考え、どう相手に対して魂のある生き物接するのかも知りたいです。?日蓮正宗仏教における死後の生命については、次のように推察されます。 亡くなった人の生命は、大宇宙の生命体とともに存在し、いろいろな縁によって、時がいたると、ふたたび、この世に生まれ出ることになります。そしてその肉体は、過去世における自分自身の行ない業因?ごういんをもとに、宇宙の物質によって形成されていくのです。そしてまた、一生が終わり死に至るとき、その肉体は分解され、ふたたび宇宙の物質へと戻っていきます。生命自体もまた、大宇宙の大生命体と渾然こんぜん一体となって冥伏みょうぶくし、その繰り返しが永遠に続いていく ~ これが、生命の生死の真実の姿であると仏教では明かされているのです。永遠の無も並行世界も霊界も神エイリアン構築の究極仮想世界もその他の構造パターンもそれら全てが意識下に存在するイメージの産物だとすればわからないが正解でしょう意識こそが不可思議な存在で全ての想像を網羅しようとし続ける存在そのもの○○教とかの新興宗教の勧誘のオバちゃんに、何日か前駅前で捕まって同じような事を延々小一時間聞かされました.泣私の意見.「魂」とか「死後の世界」を語りたいのなら、しっかりと物理学の勉強を先にされたほうが良いと思います中途半端にオカルトと科学用語をミックスして「現実的な事象」と誤認させるような用語は危険ですね?死後の世界について.言いたい事は千万と有りますが一つだけ、、、「今が、“既に死後の世界である”」とは何故考えに入れないのかなぁ?とそもそも死後の世界なんて人間の架空の想像の産物なので私は微塵たりとも信じていませんが前世←本当に生きてた時代現在←死後の世界↑この様にも考えられませんか???魂について「魂」なる物が存在するなら誰か被験者を用意して、生きたまま「魂」を抜き取り臓器摘出みたいでしょうか?それを科学的に分析すれば良いのでは?「魂は○○と言う成分原子から出来ていました」「これで魂の存在が証明されました」とこれを言うと身も蓋も無くなりますが「幽霊」「死後の世界」「輪廻転生」全部、人間が「死の恐怖」から逃れる為に作り上げた幻想だ。と言うのが大学で物理学と宇宙考古学を勉強して来た私の意見これが心理とは言うつもりは有りません念の為パラレルワールドを持ち出すのも卑怯だと思いました.お互い「相互作用」出来ないので情報が伝わらないお互いにだから全く無関係と考えなくてはならないのですね※オカルト肯定派さんが、「二重スリット実験」や「シュレディンガーの猫」の実験を見て量子の重なり→世界の重なり→「パラレルワールド!!」と安易に発想してるのだと.こう言う話題は永久に解答は出ないと思いますので肯定派と否定派で鍋を囲んで楽しく語り合いたいですね一晩でも足りないでしょう.あっ忘れてましたっこの世は「パラレルワールド」と言うよりも「ボルツマン脳」による「バーチャルリアリティ」である.という方がより合理的で可能性が高いと思いますけど独り言

  • ソフトバンクで通信障害 ワイモバイル通信障害か
  • 笑わせてくれ 笑わせてください
  • 立川志らく 正直クスり笑えなかった審査員の評価なく面白い
  • 日本学校心理学会 将来養護教諭や臨床心理士な人の相談受け
  • 左目奥二重 左目二重で右目一重でバランス悪いのでアイプチ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *
    *
    Website