GS掲示板 でもボルトアクション式のライフル銃はあるので。作中の説明ではわざと偏った技術体系に矯正する事によってカウプランの求める結果を発生させる意図があったと有りましただから対戦車部隊には長射程兵器を渡さずに近接攻撃を強いて死亡率を上げたり耐熱性の無い耐熱服で火炎放射器を運用させて本命は保護薬液の人体実験だったりと必ずしも勝つ為の兵器開発では無かったと何回も言明されていましたなので恣意的に開発困難にされる仕様に仕組まれている可能性が高いですそれとは別に銀の車輪のボルトアクションの連発銃の開発は帝国技術局由来っぽいので恐らく特許や概念自体は在っても技術力自体が足りなくて作れないのだと思います技術レベルだけはWW1でも世界観はナポレオン時代止まりに私には感じられます騎士道やら貴族の思考は普仏戦争辺りのイメージだと思われますから数百年は先取りされた技術に挑んでいると考察します世界観は多分1910年代では無くて1700年代位なのでしょう。パンプキン?シザーズのオートマチック開発について質問です ? パンプキン?シザーズという漫画は、戦争によって疲弊した帝国で疫病や兵士の野盗化といった戦災というもう一つの戦争に対処するべく設立された戦災復興部隊パンプキン?シザーズに入隊する事になった元兵士のランデル?オーランドが活躍する物語です その世界は私たちで言う所の第一次世界大戦後みたいな技術水準なんですが、作中では戦車は開発されているのですが、機関銃や自動小銃の開発が遅れており、戦車に搭載されている副武装もライフル銃や散弾といった単発式のものです なんでも合金技術が未熟で、弾丸を続けて撃てるほどの摩耗や熱に強い金属がまだ開発できていないとか… でもボルトアクション式のライフル銃はあるのですから、ガトリング銃みたいに複数の銃身を束ねて、回転によって使い廻しにしたり、マキシム機関銃みたいに水が入っている容器に銃身を通すみたいな連射する事によって起る発熱を水冷式で冷ましたりと出来そうな感じがするのですが… どうなんでしょうか そういう発想がないのでしょうかね ガトリングガン。「回転式多銃身機関銃」の名が示す通り。何本もの砲身を束にし。回転させ
ながら撃つ事によって普通のフルオート銃よりも短時間で大量の弾丸を撃ち出す
機関銃?概要 ガトリングガンとは。複数の銃身と機関部を束ね。外部動力で
それを回転させる事で。給弾?装填?発射?排莢のサイクルを繰り返して連続
射撃を行う機関砲の総称である。 重厚な見た目と射撃時の挙動が絵的に映える
からか。ロボットアニメやゲームロボゲーでも花形の武器として用いられる事も
少なくない。

機関銃の歴史。19世紀の機関銃。ガトリング砲。マキシム機銃の構造。性能。外観をCGで
紹介します。彼が発明したガトリング砲は現在。世界各国の軍隊が装備する
機関銃の前身で南北戦争当時の前装式ライフルの1分間に3発程度の弾丸発射数
に次に砲身最後尾のクランクバーを回しながらカートリッジを押し込み銃弾を
一発。一発。発射させます。ちなみに1861年に複数の銃身を束ねて。それ
を回転させながら一丁づつ弾丸を発射する方式のガトリング砲がアメリカの
リチャード。でもボルトアクション式のライフル銃はあるのですからガトリング銃みたいに複数の銃身を束ねて回転によって使い廻しにしたりマキシム機関銃みたいに水が入っている容器に銃身を通すみたいな連射する事によって起る発熱を水冷式で冷ましたりと出来そうな感じがするのですが。

マキシム機関銃。しかしマキシム機関銃は試験で毎分発を射撃できることを示し。これは。同
時代における後装式のボルトアクションライフル約挺の火力に匹敵した。
,GS掲示板。佐山二郎著「小銃 拳銃 機関銃入門」に日本陸軍の145師団と312師団の兵器
装備定数表がある。ちなみに抜書帳の「小火器と弾薬」でも書いてあるので未
見の方は御一読を。や式小銃も銃身短めた騎兵銃モデルみたいなもの
とか?だからソ連軍の歩兵中隊内には大抵。1個短機関銃小隊が配属場合
によっては2個以上されていた。ガーランドと装備した米軍分隊は
ボルトアクションライフルと軽機。擲弾筒装備の日本軍分隊に火力で圧倒したと
言い

ガトリング砲はなぜ銃身が何本もあるんですか。一般的にガトリングと呼称される回転式多銃身型機関銃は。銃軸の周囲に複数の
銃身を束ね外部の動力でこれを回転させが発射する位置に来て次弾を打ちます
。6砲身のバルカン砲は。同時に撃てる銃身は1本ですが。6本束ねてある
の水上?上空が悪天候の時は発射できない時があるのでしょうか。それとも
天候に関係なく何時でも撃てるのでしょうか?が可能なケースもあるので。
自動小銃とボルトアクションライフル並の違いです連射の容易さもそんな感じ
です

作中の説明ではわざと偏った技術体系に矯正する事によってカウプランの求める結果を発生させる意図があったと有りましただから対戦車部隊には長射程兵器を渡さずに近接攻撃を強いて死亡率を上げたり耐熱性の無い耐熱服で火炎放射器を運用させて本命は保護薬液の人体実験だったりと必ずしも勝つ為の兵器開発では無かったと何回も言明されていましたなので恣意的に開発困難にされる仕様に仕組まれている可能性が高いですそれとは別に銀の車輪のボルトアクションの連発銃の開発は帝国技術局由来っぽいので恐らく特許や概念自体は在っても技術力自体が足りなくて作れないのだと思います技術レベルだけはWW1でも世界観はナポレオン時代止まりに私には感じられます騎士道やら貴族の思考は普仏戦争辺りのイメージだと思われますから数百年は先取りされた技術に挑んでいると考察します世界観は多分1910年代では無くて1700年代位なのでしょう

  • 医師が語る 自殺たくなる時どんな時か
  • 消防車はなぜ赤い 郵便局の車赤いのなぜか
  • ふわふわ食パン ホームベーカリー付属のレシピ食パン一斤ス
  • Takeshi 驚きあるけど余韻無くなるいうかブツ切れな
  • 周りにいる不快な客 貧乏ゆすり酷すぎて全身揺れてる人の心
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *
    *
    Website